【虎丸】伊勢市河崎の居酒屋はミシュラン東海版掲載の実力派!

虎丸 海鮮コロッケ 居酒屋

いせぐる(@ise_foodie)です。

今回は伊勢市河崎にある「虎丸(とらまる)」さんで夜ご飯。
「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」に掲載された名実ともに実力派の居酒屋さん。

今回はかなり食べたので一人8000円ほどでしたが、通常の居酒屋使いであれば5000〜6000円の予算になるかと思います。

予算 5000円〜
予約可能
全席禁煙
カウンター席あり
個室なし
ウリ:海鮮系

「虎丸」はどんな居酒屋?

「虎丸」のおすすめポイント!

  1. ミシュラン掲載の海鮮の美味しさ
  2. こだわりの三重県の地酒
  3. 蔵を改装した趣ある店内

やはり「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」に掲載されるだけあって地元でもかなりの人気店。予約は取りづらいが、美味しい魚料理がいただける。

三重県内の日本酒も数多く取り揃えている。

「虎丸」の外観・内観はおしゃれな蔵を改装している

虎丸 内観
店内は蔵を改装し、おしゃれでどこか懐かしい店内。

蔵の温かみを感じつつ、明るくおしゃれな店内は雰囲気抜群。

虎丸 外観
蔵らしさを感じる外観。ほんとうに隠れ家的な居酒屋です。

「虎丸」で実際に美味しい魚料理を頂いてきた

お通しとビールで魚料理を待つ

虎丸 お通し
生ビールはキリン。この日のお通しはきんぴらごぼう。
取り分け用のお皿もこだわりが伺える素敵な皿だ。

キンキンに冷えたビールで魚料理を待つ。

魚料理を食べない方はお断りとまで言っているのでとてもわくわく。

刺身盛り合わせ6種 厚み・旨味すべてが驚き

虎丸 刺身盛り合わせ
6種を盛り合わせにしてもらった。
一枚一枚の厚み、見た目の美しさ。すべてに驚いた。

これを食べに来たと言っても過言ではない。
肉厚な刺し身をいただく。

食感・旨味はぜひご自分の舌で味わってほしい。

穴子の天ぷら さくさくの衣とふわっとしたうまみ

虎丸 穴子天ぷら
肉厚だがホロホロ食感の穴子の天ぷら。
カレー粉と塩につけて頂いたときは天にも昇る美味しさ。

サクッとした食感、ふわっとした旨味。
穴子の天ぷらはとても味わい深くて、ほっとする。

虎丸の名物? アラ炊きに心躍る

虎丸 アラ炊き
人気メニューというあら炊き。この日はカンパチのカマをとろっとした餡で煮付けている。
ご飯が欲しくなる。もちろん日本酒にもピッタリ。

店員さんに尋ねたところ、こちらのアラ炊きは人気メニューだそうで。早速注文して驚いた。

とろとろした甘辛いタレでばっちり煮付けにされている。

旨味が凝縮したタレでご飯とお酒が進まないわけがない。

数ある三重県の地酒。いただきます。

虎丸 日本酒
器からおしゃれだと思ったらお猪口も徳利もおしゃれ。

魚料理と言ったら日本酒。
虎丸さんも例に漏れず地酒の種類がかなり豊富。

ぜひ立ち寄った際は日本酒と一緒に食べてほしい。

サザエのバター焼き あったら絶対に食べてほしい

虎丸 サザエのバター焼き
サザエのバター焼き。こんなに肉厚でおいしいサザエをいまだかつて食べたことがない。
絶品だった。

おいしすぎるサザエのバター焼き。

コリッとした食感とバターの旨味、肝の苦味が合う。

酒が進む。

鯛めし その日に上がった天然鯛で漬け鯛めし

虎丸 鯛めし
その日のおすすめにあった鯛めし。店員さんにおすすめした頂いたので注文。
一言。美味しすぎです。

絶品の鯛めしも複雑なうまみだ。

ごまの風味、しその香り、海苔の塩気、そして鯛の甘みが次々と口の中で入れ替わる。

白い煮穴子 ふっくらと炊かれた身は旨味の塊

虎丸 煮穴子
煮穴子と聞いて想像した茶色い穴子。虎丸の煮穴子は白かった。
ふっくら炊かれてふわふわの身にはじゅわっと出汁が染み込んでいる

煮穴子もわさびで食べる究極の逸品でした。

酒が進まないわけがない。

「虎丸」は予約できる?ネット予約は?

ネット予約はなし。

電話で根気よく掛け続けるしかないよう。

虎丸 (伊勢市/居酒屋)
★★★☆☆3.62 ■予算(夜):¥5,000~¥5,999

「虎丸」 店舗情報

虎丸(とらまる)

三重県伊勢市河崎2-13-6

営業時間

17:00~22:00※ネタ切れ次第終了

定休日 火曜日 ※その他良い魚が揃わない場合休業

クレジットカード不可 禁煙

虎丸 (伊勢市/居酒屋)
★★★☆☆3.62 ■予算(夜):¥5,000~¥5,999

コメント

タイトルとURLをコピーしました